アメリカで実際に起きた少女監禁虐待事件を元にした 映画「隣の家の少女」

  • 2016/10/27
  • アメリカで実際に起きた少女監禁虐待事件を元にした 映画「隣の家の少女」 はコメントを受け付けていません。

アメリカで実際に起きた「インディアナ少女虐待事件」を基にしたジャック・ケッチャムの小説を映画化した血も凍るようなスリラームービー。

1958年、小さな街で暮らすデイヴィッド(ダニエル・マンチ)の隣家に、ニューヨークから姉妹が越して来る。二人は家庭の事情でおば(ブランチ・ベイカー)の所に預けられており、デイヴィッドはすぐに姉のメグ(ブライス・オーファース)と打ち解ける。だが、次第に彼はメグがおばとその息子たちに虐待されていると気付き始め……。

映画 隣の家の少女

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る