吉岡里帆 ロングロングバケーション

女優・吉岡里帆と「グラビア」。こんな時間がずっと続いてほしくて。

吉岡里帆 週刊プレイボーイ(週プレ)画像

吉岡里帆01

ほかの誰かを演じる女優の仕事と、自分自身を見せるグラビアでは、真逆の作業なのだと思う。

吉岡里帆02

吉岡里帆03

吉岡里帆04

吉岡里帆が一番求めるもの。輝けることは、他の場所にある。それでも、いつもふとそのことを忘れそうになるのは、見るたびによくなる吉岡里帆の表情が、ここにはあったからだ・

吉岡里帆05

「どうしたらうまくできますか?」
「こうしたらおもしろい写真になるかな?」
自分なりに考えることをやめなかった2年間。ロケの夜、食事の際にその日のカットを見ながらカメラマンの講義を聴くことは、いつからから欠かさない習慣になっていた。

吉岡里帆06

最初は都内のハウススタジオ。次は千葉。初めての泊まりロケでわくわくした伊豆。夏の北海道。晩秋の京都。それから、宮古島。撮影を重ねるごとに旅の距離は少しづつ長くなり、掲載されるページも多くなった。それは誰がなんと言おうと彼女が戦って勝ち取った確かな証だ。

吉岡里帆07

この時間がもう一度戻らなくとも、きっとずっと覚えている、だから先へ。もっとその先へ。

吉岡里帆08

吉岡里帆の画像をもっと見る!