紗倉まなが、気持ちいい手マンをレクチャー

人気絶頂のAV女優である紗倉まなちゃんが、自身の経験上、気持ちのいい手マンってこういう手マンだよ!ってのを語ってきましたので、ちょっと忘れないようにメモ的な感じで残しておきます。

一体、理想の手マンっていうのはどういうもんなんだろうか?男としては気になりますね。

紗倉まな 気持ちいい手マン

紗倉まな「手マンは入れっぱなしでトントンしてほしい」
手マンの極意は出し入れじゃなく“イレっ放し”

手マンをするとき、かき出すように指でえぐるのはいかがなものか?

かき出すような指遣いって、きっと指を鉤(かぎ)みたいな形にすることですよね? 耳かきのイメージにも近かったりして。あの形、私は好きですよ。指を真っすぐにしたままだと、いくら激しく出し入れされても物足りなく感じるときもあるくらい。

でも私は、こうも思ってます。
「手マンは指の出し入れじゃない」と。どういうことかというと…

指の形としては耳かきみたいなのが理想だけど、その指を出し入れするんじゃなく“真っすぐ”→“耳かき”を小刻みに繰り返すように指先でアソコの中をトントンしてほしいんです。

そのほうが気持ちいいですし、潮も出ちゃいますから。“出し入れ”じゃなく“入れっ放し”の状態が理想です。

それと、指は2本が理想かも。細い人なら3本でもちょうどいいくらい。

▼ こういうことか
temann-1305-015

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る